心を満たすコミュニケーションを心がけると・・・

あなたは心を満たすコミュニケーションを取れていますか?

コミュニケーション研修では、
「自分の関わり方が、相手の反応を決める」と教えてくれます。

あなたがどのように関わるかで、それがとても重要です。
かりにそれが仕事での人間関係でも、仲のいい友達でも同じです。

「悦ばす」

これが原理原則です。
仲良くなる、打ち解ける、信頼関係を築く、商品を購入いただく、など、
どんな人間関係でも、相手の気持ちを「悦ばす」という状態にしていくこと。
それが、関わり方の基本です。

理由は、人の気持ちを動かす際に、もっとも動かしやすいのは
嬉しいという感情を生み出すことだからです。

そのために行うのは、相手の心を満たすことです。
満たすためのテクニックは様々ありますが、基本はストレートです。

慣れてきたら、コミュニケーションの中で、さらっと伝えたり、
わざと漠然とした言葉で伝えたりなど、いろいろと表現はできます。
その中心となるのが、言葉です。

そして、言葉を生み出すのはあなたの心の中です。
心の中で、何に目をむけているかで変わります。

もしも、コミュニケーションにおいて相手を操作したいのなら、
それはあなた自身に目が向いていますので、
相手の心に響く言葉や伝え方ができるかわかりません。

しかし、コミュニケーション研修で学ぶスキルを使い、
相手の心を満たすにはどうしたらいいか?喜ばせるにはどうしたらいいか?
と考えながら使う時、

相手の心に響く言葉に変化します。
是非、相手の心にフォーカスにて、コミュニケーションをお取り下さい。

心を満たすコミュニケーションを心がけると・・・

コミュニケーション研修で学ぶべき本質。
この本質を知ると、私たちのコミュニケーションの取り方が変わります。

コミュニケーションの取り方や人間関係を改善したいとお考えの方にとって、
是非、知って頂きたい内容です。

まずは、本質的な一つの考え方をご紹介します。
「自分の関わり方が、相手の反応を変える」

とても重要です。

もしあなたがどんなにコミュニケーション研修に参加して、
コミュニケーションのスキルを身につけたとしても、


どのように相手と関わるのか?
どのように相手と接するのか?

これだけで、相手の反応が変わります。
人間関係を作れるかどうかもここにかかっています。

つまり、ここが出来ていなければ、コミュニケーションは上手くいきません。
研修で学んだスキルは台無になってしまうかもしれないんですね。

では、どのような状態になることが、
本質を理解した行動・コミュニケーションになるのでしょうか?

それは、相手の気持ちにフォーカスしたコミュニケーションです。

あなたは、相手の気持ちにフォーカスしていますか?
例えば、コミュニケーションを取りながら、

・どんな気持ちになってもらいたいのでしょうか?
・どのような関係を育んでいきたいのでしょうか?
・相手にとって、どんな存在でいたいのでしょうか?

ここから始まります。

待っていても、関係は育めません。
育めるとしたら、相性や気があう相手か、相手のほうからあなたに
歩み寄ってくれている時です。

しかし、もしもあなたが、相手との関係を育んでいきたいのであれば、
自らが、意識して相手に関わる必要があります。

受け身ではなく、あなたの関わり方で、相手の反応を変化させることです。
そしてその結果、

・この人ともっと関わりたい
・この人ともっと仲良くなりたい

というような気持ちに相手がなってくれたらいかがですか?
コミュニケーションのとり方一つでプラスにもマイナスにも変わります。

コミュニケーション研修で学びたい本質とは、こういったことになります。

相手の気持がコミュニケーションに与える影響

あなたが発する言葉やあなた自身の影響力は、
相手があなたにどのような気持ち(感情)を持つかで変わります。

例えば、話す内容が同じでも、誰が話しているかで、
あなたの反応が変わった経験はありませんか?
もちろん、しっかりと話は聞きますが、乗り気かどうか、
信頼するかどうかは変わります。

これを理解しているだけでも、あなたのコミュニケーションのとり方は変わります。

例えば、相手との関係性を築くことで、相手の反応がこんなにも違うのか、
ということに気づくかもしれません。ビジネスであれば、信頼関係を築いていれば、
お客様はあなたの話を真剣に聞き、受け入れやすくなっているはずです。

逆に、関係を築いていないと、お客様はあなたを信頼できるかどうかは不明です、
このような時、お客様はあなたの話を受け入れやすいかどうかというと
「本当かな?」「信用できるのかな?」と必要以上に思います。

しかし、信頼関係が出来ていると、すんなり受け入れられたりします。
このように、あなたとの関係性や、あなたに対する気持ちで、コミュニケーションは変わります。

ではどうしたらいいのか?
ということをコミュニケーション研修で学び、自分の環境でどう使えるかを考えます。
そうすると、どのように信頼関係を築いたらいいかというアイデアが出始めます。

また、信頼関係に関してはNLPが詳しいですが、
人生の充実感、仕事の円滑さ、お客様の幸せにつながりますので、
コミュニケーション研修やNLPなどに目を向けてもいいかもしれません。

自分の感情がコミュニケーションに与える影響

あなたが、どんな気持ちで(感情で)コミュニケーションを取るかで、
相手の反応やコミュニケーションの質が変わります。

人の気持ちは日々変わりますが、あなたがどのような気持ちかで、
声の出し方、声の高さ、語尾の高い低いが変わります。
相手が受け取る印象や意味が変わりますので、コミュニケーションにおいて、
とても重要なことです。

これを理解しているだけでも、あなたのコミュニケーションのとり方は変わります。

例えば、あなたが気分のいい時と気分がすぐれない時をイメージしてください。
声の出し方や声の大きさ見てみると、気分のいい時は、声が高く、通りやすい
と思いませんか?逆に、気分が優れないときは、声が低く小さくなっているかも
しれません。

これくらい、気持ちの状態がコミュニケーションに与える影響は大きです。
ですから、自分の気持ちの状態は、常に整えることが大切です。

ではどうしたらいいのか?
ということをコミュニケーション研修で学び、自分の環境でどう使えるかを考えます。
すると、どうしたらいいが見えてきます。

自分の感情に気づくこと、大切にすること、受け入れること、
整えることは、NLPでも学ぶことができます。
また、感情はNLPでいうステート(状態)で変わりますので、
あなたにとってベストなステートに整えることが重要です。

このように、内容的にスキル面が目立っているコミュニケーション研修ですが、
実は、もっと深いものがあるのです。メンタル面が大きく関わっているからですが、
整えることで、あなたのコミュニケーション能力は高まります。

姿勢がコミュニケーションに与える影響

どんな姿勢でコミュニケーションを取るかで、
相手の反応やコミュニケーションの質が変わります。

姿勢とは身体の姿勢ではなく、心の姿勢です。
相手のことを理解しようという姿勢、相手を大切にしようという姿勢のことですが、
コミュニケーションにおいて、とても重要な要素です。

これを理解しているだけでも、あなたのコミュニケーションのとり方は変わります。

例えば、コミュニケーションがビジネスの根幹になっている小売業を
イメージすると分かりやすいかもしれません。他にも接客の仕事を
イメージすると分かりやすいです。

お客様といい関係を築いているお店はやお店の方達は、
もてなしの気持ちが動く強いです。

もてなすという言葉の裏には、相手を喜ばせよう、
楽しんでもらおうなどの気持ちがあります。
すると、もてなそうという気持ちがある時とない時では、
コミュニケーションの取り方が変わります。

つまり、もてなしという心の姿勢が、
コミュニケーションの質を高めて、変えてくれます。

ではどうしたらいいのか?
ということをコミュニケーション研修で学び、自分の環境でどう使えるかを考えます。
そうすることで、コミュニケーション研修の成果を出しやすくなります。

そして、成果を出すための具体的な方法やコミュニケーションスキルは、
NLPで学ぶことができます。言い方を変えるとNLPをコミュニケーション研修の軸として、
学ぶこともできます。

あなたの姿勢、もてなしの気持ちがコミュニケーションの質を変えます。

マッチングを学びコミュニケーション能力を高める

コミュニケーション研修で学ぶマッチング

マッチングというスキルをご存知でしょうか?
コミュニケーション研修で学んだけご経験のある方は、
ご存知かもしれません。

マッチングとは、コミュニケーション研修だけでなく
NLPセミナーなどで学ぶコミュニケーションの基本です。

マッチングとは、相手に合わせます。
相手の話し方や声の状態や抑揚などを合わせます。
合わせることで、無意識レベルでの信頼関係を築きます。

無意識レベルでの信頼関係を築くには、その前の状態として、
相手からの安心感・好感を得る必要があります。
相手からの安心感・好感を得ることで、親近感や共感に基づいた
親和の状態(親和の状態とは仲良くなっている状態です)を築くことができます。

親和の状態まで来ると、信頼関係は築きやすくなります。

このように、最初の取っ掛かりである安心感や好感で相手の
無意識に持っている警戒心や猜疑心を取り除きます。
それを行うのが、コミュニケーション研修やNLPで学ぶ
マッチングというコミュニケーションスキルになります。

しかし、どうしてマッチングをしなければならないの?
というご質問もきそうですので、ご紹介していきます。

・マッチングをすることで、初対面でも仲良くなりやすくなるから
・マッチングをすることで、深い信頼関係を築くきっかけになるから
・人間関係を築くことが出来、人間関係を通して人生の豊かさに気づくことができるから

ということになります。
コミュニケーション研修やNLPで学べるシンプルなスキルになりますので、
是非、ご活用下さい。

ラポールを築くためのコミュニケーション

コミュニケーションにおいて、ラポールを築くために
どうしたら良いか?ということについお伝えしていきます。

前回の続きになりますので、早速お伝えしていきます。

ラポールを築くために、どのようにコミュニケーションを
取ればいいのかということですが、実はNLP心理学では、
ラポールスキルというものを学びます。

ラポールスキルとは、次の3つを使います。
(コミュニケーション研修では、ラポールスキルと呼ぶ内容と
 呼ばない内容がありますが、基本のスキルは同じになります)

1、ペーシング

2、バックトラッキング

3、ミラーリング

です。

さらに、NLP心理学絵は、信頼関係を築くためのスキルとして、

・傾聴

・自己重要感

の2つを教えてくれます。

合計5つのスキルを使いながらコミュニケーションを行うことで、
ラポールを築きやすくなります。

では、5つのスキルをご紹介していきます。

1、ペーシング

相手にペースを合わせます。
主に話し方・口調・リズム・スピード・間などに合わせながら、
相手の内面にも合わせます。信念・価値観や相手の持つ世界観などです。

2、バックトラッキング

相手の使っている言葉を使いながら、相手の話を
時折、繰り返しながらコミュニケーションを行ないます。

3、ミラーリング

相手の鏡のように、姿勢・足の位置・頷き・相槌・
表情・身体の動きなどを合わせていきます。

◯傾聴

耳を傾けて、相手の話を聴きます。
自分の話はおいて、否定せずに受け入れ、肯定しながら、
話を聴きます

◯自己重要感

相手の存在を肯定し、人間の持つ本能的な欲求である、
「他者からの承認」や、自分で自分を認めたい」気持ちを満たします。

コミュニケーション研修やNLPでは、
このようにして、ラポールを築くことを教えてくれます。

信頼関係を築く技術

コミュニケーション研修やNLPセミナーなどでは、
信頼関係を築くことが重要だと教えてくれます。

信頼関係とは、相手が私達に対して信頼を抱いている状態です。
ただし、信頼関係と言われる状態も、段階があります。

全面的に信頼している段階もあれば、信頼しはじめの段階もあります。
信頼しはじめの段階と全面的な信頼の間には、大きな差があります。

それを頭に入れながら、コミュニケーションスキルを使うことで、
信頼関係を築きやすくなります。

例えば、
・初対面の相手との間には、信頼関係も何もありませんから、
 まずは、相手との調和を優先しようとペーシングを徹底する方もいます。

・ある程度は仲は良いけれど、そんなに打ち解けた関係でない時なら、
 笑わしたり、話しやすい雰囲気を心がけることが重要かもしれません。

・かなり打ち解けている相手なら、より信頼関係を深くするために、
 傾聴しながら深い話をすることを心ご家庭る方もいらっしゃいます。

シンプルに3つの例を上げましたが、
どれも信頼関係を築くという目的ではあります。

しかし、相手との関係性により、コミュニケーションのとり方は変わります。
コミュニケーション研修では、この点について学ぶことができると、
日常生活で、よりコミュニケーションを取りやすくなります。

それは、日々の楽しさやストレスからの開放を生み、
コミュニケーション能力を高めた方は、口をそろえて、
良かった・毎日が楽しいと話しています。

では、信頼関係とはラポールとも呼ばれていますが、
ラポールを築くためにはどうしたらいいでしょうか?

それは、次回にお伝えします。

変化を感じるほど、学びが楽しくなる

コミュニケーション能力を高めると、
あなたの人生には、どのような変化が現れるでしょうか?

この点においては、人それぞれの違いと共通点があります。

例えば、共通点においては、あなたがコミュニケーションの研修などで、
コミュニケーション能力を高めることで、人間関係がスムーズになりますし、
よりよい関係を育むことが出来ます。

これが共通点です。

では、コミュニケーション研修を受けて、得られることの違いは何でしょうか?
それは、人生へのインパクトです。

コミュニケーションと言っても、
何を研修内容として学ぶかで、全然変わります。

例えば、コミュニケーションの基本を学ぶのか、
応用編としての高度なスキルを学ぶかで変わります。

しかし、学ぶ前の状態が、
学ぶスキルに対して、上手くいっていない場合、
コミュニケーション研修を学んだ後の成果は大きくなります。

すると、その後も、楽しく変化をし続けることができます。

お伝えしたいことは、変化を感じるほどに、
学びが楽しくなるいということです。

特に、人間関係やコミュニケーションは、
人生で切り離せない要素です。

ですので、コミュニケーションの研修を受けて、
変化を実感するほど、あなたは学ぶことが楽しくなります。

では、変化を実感しやすいコツをお伝えします。
それは、変化を認識することです。

コミュニケーションの研修で学ぶ前と学んだ後に、
どのような考え方や行動の変化が起きたか?

それを認識した時に、それが力になり、
喜びや楽しさに変わります。

コミュニケーション研修に参加することの重要性

「どうして私が今、あらためてコミュニケーション研修に
 参加した方がいいのかな?」

この言葉は、、しっかりとコミュニケーションスキルを
学び込んだ男性の話です。

また、もう一人の男性がいtらっしゃいます。

NLP心理学を学んで営業の世界で、社内でトップレベルの
成績を出している男性です。自分はコミュニケーションに
ついてしっかりと学んできたし、そのおかげで、営業成績が
しっかりと上がっているという方です。

NLP心理学を学んだ男性の方は、社内で開催される、
コミュニケーション研修への参加を喜んでいました。

では、ここでご質問です。
この2人の男性を見て、どう思われましたか?

いろいろと考えるかもしれません。そして、実は大切なことがあります。

それは、NLP心理学を通して、
コミュニケーションをしっかりと学び込み、営業で実践をしている
男性が、コミュニケーション研修に参加して、どうなったかです。

実は、喜んでいました。
一度は学んだ内容ですが、改めて意識を向けてみると、
できていないこと・勘違いしていたこと・もっと深めていけることが
できることに気づいたそうです。

そして、つぎのような感想もお話していたそうです。

「何回学んでも、勉強になるな」です。

この話から学べることは、常によりよくなる可能性や余地があるということです。
そして、学びをやめると退化していきます。そして、いいものは何度学んでも、
常に新しい発見がありますので、あなたの力になります。